トップページ古書 >『隋唐以来官印集存』

『隋唐以来官印集存』(1916)


資料名隋唐以来官印集存 思いのほか大型の書である。中国印章の用語では公的な印を“官印”と 称し、私的な印を“私印”と称する。本書は書名にあるとおり、隋唐以来の 官印を集めたもの。印面は朱で、そして、ありがたいことに印の背刻、側刻も 墨色の拓本として掲載する。本文、補遺、附録を合わせると以下のとおり。
 漢字印は陳1、隋2、唐より五代25、宋60、遼2、金88、元31、明47。
 西夏字印は7。
 元のパスパ字印は12。
 元の混合文字印(パスパ文字・梵字・漢字)1。
発行期日民国五年(1916年)
発行者著者:羅振玉
大きさ縦36.8cm×横24.5cm
頁数線装本。67葉。
管理/所蔵古代文字資料館/吉池孝一蔵