トップページサイトマップいろいろな話>スリランカ写真

北海道をひと回り小さくしたほどの広さのスリランカには多くの世界遺産があり、現在、6つの文化遺産と1つの自然遺産が登録されています。 ポロンナルワは1982年に世界遺産に登録されました。ここは、10世紀末、シンハラ王朝の都であったアヌラーダプラが南インドのチョーラ王朝に征服されたため、移された都です。その後、王たちが灌漑設備を整え、仏教を普及させ、都として栄えました。しかし、12世紀後半、ニッサンカ・マーラ王の死後、再びチョーラ王朝の侵略を受けたシンハラ王朝は島の中央部に遷都し、その後、ポロンナルワはジャングルに埋もれてしまったということです。



ポロンナルワの発掘は、20世紀に入って始まりましたが、まだ未発掘の寺院や遺跡などが数多く緑の中に埋もれているそうです。



ポロンナルワの中でも特にすばらしい石像が残されている遺跡、ガル・ヴィハーラ(Gal Vihara)です。一番右側には太陽をあらわす文様の枕に頭を置いた、仏陀の涅槃像がおだやかな顔で横たわっています。その横の立像は、仏陀の一番弟子であったアーナンダで、仏陀の死を悲しんでいるところだといわれています。





アーナンダの立像の横には坐像があります。この坐像は仏陀の姿だといわれているのですが、はっきりとはわかりません。



この石像群は、巨大な岩を彫って作られているのですが、仏陀の坐像とアーナンダの像の間にある平らな部分にびっしりと文字が彫り付けてありました。




この像についての物語が刻まれているのでしょうか。文字を部分拡大してみました。