トップページサイトマップ漢字>ブハラ開元通宝銭

資料名ブハラ開元通宝銭 オモテ(画面左)に“開元通寶”とあり、ウラ(画面右)にタムガ(統治者のシンボルマーク) がある。この貨幣は、唐の高祖が武徳四年(621)に発行した“開元通寶”を模したもので、 7−8世紀頃にソグドの地で発行されたものとされる。 スミルノヴァ1981『ソグドコイン総覧』参照。

この貨幣は、四角い穴が開いた円形の貨幣、すなわち方孔円形銭と呼ばれるもので、溶かし た金属を鋳型に流し込んで作った鋳造銭である。このような方孔円形鋳造銭は中国及び東 アジアの代表的な貨幣の形態で、シルクロードを大雑把に眺めるならば、この道に沿って、 このタイプの貨幣の発行地が西漸する。ソグディアナは、現在のウズベキスタン共和国であるが、 そのウズベキスタンに入り、古都のサマルカンドを通り越してさらに西にいくとブハラに 到る。この地から発掘されるブハラ開元通寶銭が、方孔円形鋳造銭の西限であり、同時に 銘文に漢字を用いる貨幣の西限でもある。(Yoshiike)
資料記号z2k35
文字/言語漢字/漢語
材質/形態銅/穴銭
重さ3.3g
大きさ径23.6mm、厚さ1.57mm
管理/所蔵古代文字資料館/個人蔵