iCoToBaからのメッセージ

「iCoToBaであいましょう」を合言葉に

iCoToBa(多言語学習センター)は、文部科学省「グローバル人材育成推進事業」採択を受けて平成25年4月に新しくオープンした多言語学習施設です。 iCoToBaは、ことばによるコミュニケーションで世界とつながる場という意味で命名されました。

iCoTobaという名前には、どういう思いが込められているのか、簡単に説明しましょう。

iには、愛知県立大学の「愛」、I (わたし)、independent(自主性のある)の「i」、
Coには、communication (コミュニケーション)、community(共同体)、cooperation(協同)の「co」、
Toには、「と」、to(~へ)、together (一緒に) の 「to」、
Baは、「場」

の意味が含まれています。総合して、愛知県立大学生が自主的に集う場、ことばによって人と人とを結ぶ場、そしてコミュニケーションで世界とつながる場という意味です。

iCoToBaでは、専属の外国語インストラクターとして、英語2名、フランス語、スペイン語、ドイツ語、中国語各1名、計6名のネイティブ教員と、語学と留学支援のコーディネーター2名の教員が、多言語学習支援・留学支援を行います。8名の教員は、全員がマルチリンガル話者です。具体的には、外国語講座やイベントの開催、eポートフォリオによるカウンセリング、外国語学習及び留学のアドバイジング、e-Learningによる自主学習支援を行います。
iCoToBaは、図書の閲覧やDVD鑑賞、気軽なチャットなどができる「iLounge」、PCが設置されe-Learning教材の利用やレポート作成ができる「Self Study Space」、外国語講座が開かれる「Activity Space」の3つの目的別スペースから構成されています。

県大生のみなさん、「iCoToBaであいましょう」を合言葉に、iCoToBa に足を運んでください!