iCoToBaからのメッセージ

「iCoToBaであいましょう」を合言葉に

iCoToBa(多言語学習センター)は、文部科学省「グローバル人材育成推進事業」採択を受けて平成25年4月に新しくオープンした多言語学習施設です。 iCoToBaは、ことばによるコミュニケーションで世界とつながる場という意味で命名されました。

iCoTobaという名前には、どういう思いが込められているのか、簡単に説明しましょう。

iには、愛知県立大学の「愛」、I (わたし)、independent(自主性のある)の「i」、
Coには、communication (コミュニケーション)、community(共同体)、cooperation(協同)の「co」、
Toには、「と」、to(~へ)、together (一緒に) の 「to」、
Baは、「場」

の意味が含まれています。総合して、愛知県立大学生が自主的に集う場、ことばによって人と人とを結ぶ場、そしてコミュニケーションで世界とつながる場という意味です。

iCoToBaでは、専属の外国語インストラクターとして、英語2名、フランス語、スペイン語、ドイツ語、中国語各1名、計6名のネイティブ教員と、語学と留学支援のコーディネーター2名の教員が、多言語学習支援・留学支援を行います。8名の教員は、全員がマルチリンガル話者です。具体的には、外国語講座やイベントの開催、eポートフォリオによるカウンセリング、外国語学習及び留学のアドバイジング、e-Learningによる自主学習支援を行います。
iCoToBaは、図書の閲覧やDVD鑑賞、気軽なチャットなどができる「iLounge」、PCが設置されe-Learning教材の利用やレポート作成ができる「Self Study Space」、外国語講座が開かれる「Activity Space」の3つの目的別スペースから構成されています。

県大生のみなさん、「iCoToBaであいましょう」を合言葉に、iCoToBa に足を運んでください!

広瀬恵子
Hello! I am Keiko Hirose, the Director of iCoToBa. I am very happy and honoured to work with all the multilingual teaching staff of iCoToBa. As the name and its multiple meanings suggest, iCoToBa provides you with very unique learning opportunities on campus. Come and visit the iCoToBa learning spaces to make full use of its resources! I look forward to talking with you soon.